負わされた被害、または追わせてしまった被害に関しては、相応の賠償が行われる必要がありますが、そこで無視できないのは、『慰謝料』に関することです。交通事故は、起こってしまった場合車の被害状況に応じて弁償等を行うというイメージがありますが、もしそれで賠償が済んだのであれば、それは『人身事故』ではなく、『物損』で完結したことになります。

物損だけの場合、その場の示談で処理が負えられてしまう場合があります。しかし、正式な賠償が行われるためには、きちんと事故発生時には警察を呼んで自己処理をしてもらう必要があります。被害が大したことがないと思われる場合、示談で終わらせてしまうのはそういったリスクがあるのです。それに、本来は物損で終わっていたはずなのに、あとから人身事故であることが判明することがあります。それはどのような場合でしょうか。

それは、事故後すぐに病院へ行かなかったこと、必要な診察、治療を受けなかったこと、があります。事故によって脳に損傷を追った場合など、すぐには気づかないことがあります。後日、歩行や記憶等がおかしいことに(本人以外が)気づき、それによって実際は人身事故であった、ということがあり得ます。