私たちは日常的に発生するトラブルについて、その全てに対応することはできません。例えば、冷蔵庫や洗濯機が壊れたとき、(専門的な技術がない限り)それを自力で修理することはできないので、専門の業者などに依頼することでしょう。そのように、私たちはどうにか対処しなければならないものの、誰かに頼らざるを得ない状況というものが、多々発生します。

一例として、車の運転について考えてみましょう。車の運転は、私たちはある程度基本的なことを知っているからこそ、運転を行うことができます。基本的な事柄を知らないと、そもそも危険を回避して事故を避ける前に、前に進んだり後ろに進んだりすることもままなりません。そのために、自動車学校に通って運転に必要な技術を習得するのですが、一度合格しても、そこで学んだこと、いわゆる『基本的なこと』は忘れてしまうか、意識しなくなってしまうことがあります。

例えばそれで交通事故を起こしてしまった場合、単独の事故であれば責任を負うのはたいてい自分のことだけです。ただ、そこに被害者が発生してしまった場合はどうでしょうか。また、逆に自分が事故の被害者になってしまった場合は、どうでしょうか。もし誰かに被害を追わせてしまった場合は責任を取る必要がありますし、逆に自分が被害を被ってしまった場合は、加害者側に慰謝料などの賠償金を請求する権利があります。それは言葉を変えれば、被害を受けても行動しなければ、十分な賠償を受けられない可能性もあるということです。

参考HP〔http://www.ko2jiko.com/
交通事故被害の慰謝料・賠償金問題の対応をしている法律事務所です。